ホームブログトップサイトマップ
 
【趣味】
★旅行
行った国:
アメリカ、カナダ、バハマ、イタリア、オランダ、フランス、オーストリア、ベルギー、マルタ島、スペイン、イギリス、フィンランド、オーストラリア、ドイツ、タイ、韓国、香港、中国、台湾、フィリピン、インドネシア、シンガポール、スコットランド,モロッコ

【レギュラー番組】

・2007年9月~ Gyao:
「音楽番組を板尾創路」
水曜日 12:15〜13:00

★RADIO
・2002年5月~ SHIBUYA-FM「COOL TRAN SISTOR RADIO」パーソナリティ
 第2土曜日 22:00~23:00

・2003年4月~ BAY-FM「バトルナイト RYO ~キックorチョップ~」アシスタント
 W)田村亮(ロンドンブーツ1号2号)
 木曜日 23:00~23:50

・2004年4月~ T-FM「よんぱち~WEEKEND MEISTER~」
 W)放送作家 鈴木おさむ 金曜日
 13:00~17:00(生放送)

★舞台
・2005年11月~ 吉本新喜劇

以前の記事
2010年 04月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
more...
カテゴリ
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「愛の流刑地」
イヤーすごかった。 何がすごかったかって?セックスシーンだと思うでしょ?
違うんです。 
こんな究極な愛し方があったの? 
って事を見せてくれる事がすごいんです。
正直観る前は、何を期待すればいいのか分らなくて、多分、ストリーはそっちのけで
エロ先行だと思ってたんです。 
それにしては、キャストが豪華だし(寺島しのぶ、豊川悦司、富司純子。。。)
どんなもんか観てみたいわーって言うくらいの意気込みだったんだけど、
これだけお腹の底にズシーンと響く映画は久々でした。
帰り道、一言も話さなかったというより、話せなかったっていうくらい。

究極の純愛ってもしかしてこういうことなの? 
モラルとか常識とかなんかどうでもよくなっちゃうくらい
誰かを愛するなんてそうそうないけど、
そんな事ができるのもちょっと羨ましいかもって思っちゃいました。 
冬ソナとか韓流映画とは対極にある純愛映画だわ。

確かに、セックスシーンも少なくはないです。 (2/3はそうって聞かされてたからそれに比べたら少ないけど。) 
でも、単なるエッチシーンじゃなくて、
主人公の2人の悶えるような内面を知るためにも絶対に必要なシーンなんです。
どれだけの強い愛がこの二人の間にあったか。 
だから、「氷の微笑」タイプを期待してたらショックを受けます(笑)

そして、寺島しのぶさんがめちゃくちゃ艶っぽいくて、やられます。
3児の母で、最初は普通の大人しい主婦って感じなんだけど、
二人の関係が深まり、快楽を覚えていくにつれ、
信じられないほど彼女の美しさが増していく。 
肌を露出してるわけでもないシーンでも女性が見てもゾクッとしてしまうくらい色気がある。
これか!不倫をしてる人妻の憂いを湛えた色気ってやつは!なんて勝ってに思ったりして・・・ 
それはさておき、恋愛(この映画に関しては”恋”なんていうレベルじゃないけど)
のパワーってすごいもんだね。って改めて感じます。

クライマックスの法廷シーンはかなりきます。 
強烈なシーンなので、敢えて何も書きませんが、見ていて苦しくなります。 
欲をいえば、富司純子さんをもっと見たかったかな~。  

そうそう、この映画、誰と見に行くかが肝心かも。
女性なら一人がオススメです。
ただ、エロ女と思われる可能性もあるので(決してそういう映画じゃないんだけどね)、
照れくさいなら女友達3人くらいがいいかもしれないです。 
付き合いたてのカップル(は、行かないか・・・)、とか異性の友達同士だと、
見終わってかなりぎこちなくなるかも(笑) 

アイルケ---
自分の感情がよく分らなくなっていくのを楽しんでください!
[PR]
by riokinatsu | 2007-01-11 00:22 | 映画
<< いちごいちえ 家族旅行 >>