ホームブログトップサイトマップ
 
【趣味】
★旅行
行った国:
アメリカ、カナダ、バハマ、イタリア、オランダ、フランス、オーストリア、ベルギー、マルタ島、スペイン、イギリス、フィンランド、オーストラリア、ドイツ、タイ、韓国、香港、中国、台湾、フィリピン、インドネシア、シンガポール、スコットランド,モロッコ

【レギュラー番組】

・2007年9月~ Gyao:
「音楽番組を板尾創路」
水曜日 12:15〜13:00

★RADIO
・2002年5月~ SHIBUYA-FM「COOL TRAN SISTOR RADIO」パーソナリティ
 第2土曜日 22:00~23:00

・2003年4月~ BAY-FM「バトルナイト RYO ~キックorチョップ~」アシスタント
 W)田村亮(ロンドンブーツ1号2号)
 木曜日 23:00~23:50

・2004年4月~ T-FM「よんぱち~WEEKEND MEISTER~」
 W)放送作家 鈴木おさむ 金曜日
 13:00~17:00(生放送)

★舞台
・2005年11月~ 吉本新喜劇

以前の記事
2010年 04月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
more...
カテゴリ
お気に入りブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
昨日のつづき
『Smoke on the Water』から始まり
アンコール曲の『泣き顔ロケット』まで、
とんでもない温度のライブで
会場は歓喜の渦に包み込まれっぱなしだった
昨日のFried Prideブルーノート公演。 
何度も彼らのライブには足を運ばせてもらってるけど
昨日はほんとに圧倒された。

SHIHOの歌唱力と横田さんのギター。
横田さんのギターは化け物です。
横田さんがギターに触れた瞬間にそれが生き物になって
今まで聞いた事の無い音がはじき出されてくる。
指が、見えなくなるくらいのマッハの動きをしたり
弦を叩いたり、かき鳴らしたりするもんだから、
ギターなのに、ドラムのようなキーボードのような
とにかく色んな音が聞こえてくるんです。
彼らの表現力といいオーディエンスの巻き込み方といい
スゴいパフォーマーだ!


初めてSHIHOに出会ったのは小5の3学期。
あの頃の彼女は、学年一、細くて小さくて、
少女漫画のヒロインのような、色白の美少女でした。
地黒で元気だけが取り柄だった私は
炎天下の朝礼ではいつも貧血気味になっていたか弱い彼女が
少し羨ましかったのを覚えています。

とはいえ中学になると、やたらと背がのび始め
この頃から彼女のタフさが増していったように思います。

そんなSHIHOとの中学の思い出といえば
ドラクエなしには語れません。
ホイミの乱用は、彼女を軽く怒らせ、
洞窟の迷路が分からなくなると、同級生の辻本に
今すぐ教えろと半脅しをかけたりもしてました。
今考えれば、あのドSっ気は、
当時から徐々に頭角を現し始めてたのかもしれません。


音楽活動を始めた頃は、小さなライブハウスのチケットを
手売りしながら、少しずつお客さんを増やしていってました。
まだ周りの友達は誰ひとりとして将来の事なんて考えていなかった頃にも
SHIHOの音楽にかける情熱はすごいものでした。

そして、昨日のブルーノート。
超満員。

ステージの上にいるSHIHOは
確実に夢を自分のものにしていった自信と
強さでみなぎり、これでもかっていうくらい
輝いてました。 
興奮しているお客さんを前にして
本当に幸せそうでした。

今ツアー中なのだけど
まだ聞いた事ないかた、
ぜひ生であのライブを体験してください!
ぶっ飛びます!
とりあえず、私は昨日、一年分の鳥肌を立ててきました。


ツアー終わって一息ついたら
ロイホでくだらない話しを また朝までたくさんしましょう。
[PR]
by riokinatsu | 2008-07-09 02:50
<< 浅草 朝。 >>