ホームブログトップサイトマップ
 
【趣味】
★旅行
行った国:
アメリカ、カナダ、バハマ、イタリア、オランダ、フランス、オーストリア、ベルギー、マルタ島、スペイン、イギリス、フィンランド、オーストラリア、ドイツ、タイ、韓国、香港、中国、台湾、フィリピン、インドネシア、シンガポール、スコットランド,モロッコ

【レギュラー番組】

・2007年9月~ Gyao:
「音楽番組を板尾創路」
水曜日 12:15〜13:00

★RADIO
・2002年5月~ SHIBUYA-FM「COOL TRAN SISTOR RADIO」パーソナリティ
 第2土曜日 22:00~23:00

・2003年4月~ BAY-FM「バトルナイト RYO ~キックorチョップ~」アシスタント
 W)田村亮(ロンドンブーツ1号2号)
 木曜日 23:00~23:50

・2004年4月~ T-FM「よんぱち~WEEKEND MEISTER~」
 W)放送作家 鈴木おさむ 金曜日
 13:00~17:00(生放送)

★舞台
・2005年11月~ 吉本新喜劇

以前の記事
2010年 04月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
more...
カテゴリ
お気に入りブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
「みんな昔はリーだった」
e0000909_003229.jpg

板尾創路さんが出演されている舞台 
「みんな昔はリーだった~ Exit From the Dragon」 観てきました
初めてこのタイトルを見た時は
これは一体何の芝居~??? って思ったけど、 
このリーっていうのは。。。。 言ったらネタバレになるのかな。
まー人物です(それくらいは察してた?)

すっごいいいお芝居でした。
他にネプチューンのホリケンさんや京野ことみさん
が出ているんだけど、全員が強烈に個性的でめちゃくちゃはまり役!
ストーリー&演出も抜群に良くて楽しい!
あ~こうくるか、 わっ、こういう事か っていう驚きの連続だし、
時間が前後するんだけど、その見せ方も本当によくできていて
ぐいぐい引き込まれちゃう・
自分がそこにいたかのような錯覚に陥るほど!!

全くあきさせない130分(この長さもいいです)
笑って 驚いて 感動した 素敵な時間でした。
せわしい年末がちょっとゆったり感じれた夜でした。


その後、前のマネージャーの前原さんと麻布にあるモツ鍋屋で
これでもかっていうくらい食べたんだけど、 美味しかったー
お互い恋愛話でもりあがりました! (って思ったのは私だけ!?)
前原さんはなんだか不思議なかわいい子です。

「みんな昔はリーだった」は30日までパルコ劇場でやってます。チケットあれば絶対見たほうがいいよ~
大阪や福岡もやるそうなので、機会あったらぜひぜひ!
[PR]
by riokinatsu | 2006-12-28 00:00
Charlotte's Web  「シャーロットのおくりもの」
こんな土砂降りの日に映画館にいると、なんだかシアワセを感じる私ですが、
今日はまたまたこの映画を観て来ました

「シャーロットのおくりもの」

小さい頃に絵本で読んだときは、”友達とは仲良くしないといけないんだな〜” 
って思ったくらいだったけど、これは大人が観ても、十分満足できる素敵な素敵な映画です。
牧場の娘ファーンが、殺されそうになる子ブタのウィルバーを救うところから話が始まります。
原題を直訳すると”シャーロットの巣”。このブタちゃん、納屋に住むクモのシャーロットと 仲良くなるんだけど、シャーロットのこの巣が色んな奇跡を起こしていくんです。

生命の神秘や尊さ、友情の美しさを素直に見せ
優しさで包み込んでくれる映画です。
優しさって連鎖反応を起こすモノなんですねー。
何回か涙がポロリしました。
ジュリアロバーツの声もいいんです!
もう声に抱かれているような温かい感じで本当に心地良くて、
一瞬眠りそうになったけど。。。^^;;  やっぱり凄い表現者だなと思いました。
音楽も良いです。 サラマクラクランのエンディング曲 
”ordinary miracle”も最高です。 サントラ欲しいな。

ってこれを書いていたら、まさにたった今、
いきなり中学の同級生から10何年ぶりに電話がかかってきた!!!
最後に会ったのはいつなのか思い出せない程前なんだけど、
中学の時はすっごい仲良しで、でもいつの間にか疎遠になっちゃったんだよね。 
なのに、その間のブランクを全く感じないなんて、
 やっぱり親友って素晴らしいー!  
懐かしくて何から話していいか分からなかったけど、来月会う約束したし
めちゃくちゃテンション上がりました。 

大分話はそれたけど、
この映画をみれば、憎たらしい上司も生意気な後輩も明日からちょっとだけ
好きになれちゃうかも!?
疲れている方にお勧めです。眠い時は観ない方がいいと思うけど、
とても安心できる穏やかな世界に1時間半の現実逃避をさせてくれます♪
[PR]
by riokinatsu | 2006-12-26 22:53 | 映画
merry christmas☆
e0000909_162463.jpg

毎年25日は家族のX'mas Party
うちはみんなそんなに飲まないので、食べ物の量が半端じゃない!
5人家族なのに、いくつケーキあるんだってゆーのよ
あ〜 明日こそはダイエット

12月ホームページのコラム更新しました
よかったらゼヒ遊びに行ってみてくださいね
(ここをクリック!) 
[PR]
by riokinatsu | 2006-12-25 21:43
今日おめみえ☆
e0000909_2226251.jpg

やっとクリスマスツリーを飾りました!
毎年、出すまでが面倒なんだけど、
こうやってキラキラ光ってるツリーを見ると、
やっぱり今年も飾って良かったなーって思います。
片付けをやってくれる人がいればなおさらいいんだけどなー
なんて。。。
そんな無精な事クリスマスに言っちゃだめよね。

それと、ひっさびさにホームページのコラム更新しました
よかったらゼヒ遊びに行ってみてくださいね
(ここをクリックしてね!) 
[PR]
by riokinatsu | 2006-12-20 22:26
ニューロック ありがとう
e0000909_0414680.jpg

何気なく郵便箱を覗いたら
大親友のイラストレーター ニューロック木綿子ちゃんから バースデーカードが!
お誕生日カードなんて郵便でもらったの何年ぶりだろう。
嬉しかったな~。 
封筒も穴がいっぱい開いてて、紐を通してあったり 
切手も昔、小学校の頃に集めてたようなやつを貼ってくれたり
(なんで、400円ちかく貼ってあるのかはわからないけ)
本当は裏に彼女が描いてくれたものがすごく素敵なんだけど、
色々個人的なことも書いてあるってことで。。。
ありがとね~
[PR]
by riokinatsu | 2006-12-20 00:39
バースデー☆プレゼント
e0000909_1153346.jpg

昨日の私の誕生日、うちのワン子がプレゼント運んできました
まー自分の犬の写真って飼い主が思ってる1/4くらいしか
他人は可愛いと思わないものだけど
自己満足で載せる事にします
[PR]
by riokinatsu | 2006-12-17 01:15
サッカー観戦
e0000909_22295182.jpg


トヨタカップ往って来ましたー
雨も上がっていい感じ♪
アルアハリ対インテルナシオナル 結果は1-2
いい試合でした! 
写真はアルアハリの応援団の人。 かなり目立ってました

スポーツってやっぱり生で観るのは最高
それに、冬のサッカー観戦、何が好きかって
ハーフタイムにのむ暖かいポタージュとか豚汁

冷えた身体がジワ~ットと一気にあったまって
シアワセ~ 
美味しいんだよなぁ
たまらんな~
[PR]
by riokinatsu | 2006-12-13 22:29
都市伝説
e0000909_119410.jpg


最近読んだ本の中で一番キョ-レツだったもの
ハロバイ関くんが4年くらい(確か...)けて集めた都市伝説

怪奇モンとか全然ないのに 背筋が凍る程の恐怖を感じてしまう
”信じるか信じないかはあなた次第”
・・・・らしいけど
この本の半分が本当だったとしても、読んだ日から世の中が違って見えるかも!?

たとえば、
「スピルバーグ監督の正体」とか
JFKの謎とか

そうそう、3億円事件の犯人って実は分ってたらしいけど、逮捕できない理由があって
未解決事件として封じられてしまったんだって

それから、千葉にあるマウスのいるでっかい遊園地のナゾもかなり興味深い

すごいね関くん!
っていうか ここまで書いちゃって大丈夫なの!?
[PR]
by riokinatsu | 2006-12-10 01:19
武士の一分
なんて素晴らしい映画なんだろう!! 
今日はよんぱちで 木村拓哉さん、檀れいさん、笹野高史さんにお会いしたのだけど、
心の底から素直に、”素晴らしかったです!”
....って気付いたら何度も言っていました(笑)

(長くなるのでストーリー割愛させて頂きます)
きらびやかで夢見心地にさせてくれる映画も好きだけど、
”武士の一分”のように
ストリーや登場人物や絵そのものはいたってシンプル、
でもメッセージははっきり伝わって
見終わった後も色々と考えさせられる映画って
映画本来の意味を全うしてる気がする。
(なんて、ちょっと偉そうな事言ってみたりして。。。)

この映画を見て、”愛”に大しての価値観が変わっちゃいました。
誰かを好きになると、傷つくのが恐かったり、ワガママを通したかったりで
なかなか相手優位に考えるのができなかったりするけど、
妻の加世を見ていると、本当に愛する人には尽くして、
自分の全てを与えられる事こそが
美しく、尊い愛の形なのかなって思えました。

今って仕事が優先、自分が優先になってしまいがちで、
恋愛において、耐える事、支える事、尽くす事がなんだか時代遅れって
思っちゃうけど、実はそれができるのって凄くパワーと勇気がいる事。
昔の女性はそれができたんだよね。 
美しく着飾ったり、エステ三昧でピッカピカの身体になったりっていうのももちろん、
女性としての特権や楽しみだけど、
実はそういう強さこそが女の人の特権なんじゃないかな。 

役者陣も筆舌に尽くしがたい!
俳優”木村拓哉”はその強烈な存在感で、
木村拓哉が演じる〜役 という 冠がつきがちだけど、
今回キムタクの面影は完全に無くなっていて、
そこにいるのは、視力を失ってしまった下級武士の三村新之丞 。
自分の存在感を強烈にアピールする事もできるし、消す事もできる
なんて凄い役者なんだろう! 所々、自ら付け加えた台詞
(蛍のシーン、おでこをぶつけるシーン。。。)も
新之丞の人間っぽさをより一層引き出すことになったと思う。
檀れいさん、笹野高史さんも素晴らしいです。
いろんな愛がたっぷり溢れています。 
そして、至る所にちりばめられている
”日本美”もたっぷり堪能できます

”武士の一分”は、心で相手を見た人にしか辿り着けない
深くて尊い愛があるっていう事を教えてくれた映画でした

見る前はちょっぴりはすに構えていた自分がバカだったな〜
って今、思ってます
[PR]
by riokinatsu | 2006-12-01 20:01 | 映画